月別アーカイブ: 5月 2014

古民家の改修・・・まずは蔵の改修終了です。

しばらくの間、改修工事に取りかかっていました「Y.Y.NOWSON」のプロジェクト。
今日、第一ステップの米蔵の仕事を無事終えることができました。

これはなんと言っても、家屋提供していただけています地主さんと
協力してくれています建築関係の友人達のおかげです。
毎日笑顔で迎えてくれる地主さんご夫妻に感謝です。
楽しい現場にしてくれている友人達に感謝です。

蔵の外観です。明治時代に建てられた姿を一切さわらず
風合いを残しました。

DSCF1126

蔵の内部は二階建てになっています。
構造も一切変えていません。明治時代の建築そのものを
そのまま生かして、内装のみを変えています。

一階は小麦の製粉所として活用します。
四街道は小麦の生産が盛んなのです。
「よつグルメ研究会」なる名称グループが
ここで地元の小麦を製粉して、ご当地グルメに仕立て上げます。
どのようなグルメ製品が生み出されるのか?期待が大である。
パン?ピザ?うどん?すいとん?クレープ?

DSCF1117

DSCF1118

二階の様子です。
湾曲した無垢材の梁が印象的な空間に仕上がりました。
天井が少々低く、特徴的な雰囲気を醸し出してくれています。
「行灯や和ろうそくといった照明がしっくりくるなぁ〜」
そう言いたくなるような室内だと思います。

DSCF1119

DSCF1120

ここでは自然農塾の学びの場としての活用も良い!
あっ、そうだ!  塾で落語部を作くろう!
そして、ここで吉岡里山寄席を開催するのだ\(^O^)/

2件のコメント

カテゴリー: 木工の作品

育苗が大事!

苗床二度目の整理終了です。
今年は今のところ順調に育ってくれています。
だいぶオケラに籾を食べられていて、苗の数が心配ですが
それぞれ苗はドンドン大きく育ってくれていますことが
何よりの安心材料です。

この段階で育苗失敗すると、これで今年の稲作はパ〜です。
一年間、指をくわえ見るしかないのです。

種を降ろし半年間のお米の命ですが、
その半年のうち、田植えまでの育苗期間は約二ヶ月
ここで稲作の半分は決まってしまうのです。
これを「苗床半作」と申します。

苗が幼いうちは、人がどんなタイミングで、どれだけ手を貸すか?
それらが稲作を、収穫を、決定づけることになるのです。
さぁ〜、これからもがんばるぞぉ〜\(^O^)/

コメントする

カテゴリー: ちょっと一言

上総掘りの勉強 その一!

晩秋の施工へ向けて、上総掘りの研究に行ってきました。

今や世界的に名の通った井戸掘削方法「上総掘り」
四街道吉岡の地で実践に向けての調査研究スタートです。

今日は朝も早よから君津市の里山シンボジウムに参加。
上総掘り保存会さんの実践発表がありましたので拝聴してきました。
参加して良かったです。資料だけでは分からないことがよ〜く理解できました。

次に久留里城資料館に上総掘りの現物展示、資料ありとのことでしたから
行って見てきました。

DSCF1105

そのまたあとに袖ヶ浦市郷土資料館でも現物展示、資料を見てきました。

DSCF1111

DSCF1106

百聞は意見にしかずとはよく言ったものです。
シンポジウムの説明を見聞きしたあとで
実物を見てみると、理屈はよ〜く理解できました。

理屈は簡単に「なるほどね」なのかも知れない。
でも、単純そうなこの装置には一見しただけでは
分からない匠の技、知恵の塊によって装置やそのパーツが
構成され、作られていました。
それらを見て、この自然素材と人力だけで掘りあげる上総掘りの
巧妙さに頭が下がる思いで帰って参りました。

さてさて、これからまだまだ学びとることの多さに
またまたワクワク度が増して参りましたところです。

一日という時間は短いですね。
あっという間に過ぎてしまう。
まだ他に行かねばならないところは山のようにあるのです。
がんばらねば(^_^;)

コメントする

カテゴリー: ちょっと一言

第五回ドッキリチャンネルは6月21日です。

5月のドッキリチャンネルはまたまた盛況でございました。
ご来場頂きました皆様には感謝、感謝でございます。

風林火山さんの不精床は、アドリブ満載で勢いあってとにかく面白い
さん歩さんの田能久は、迫力或る語り口調で客席を圧巻
活砲偽さんの桃太郎は、活砲偽さん節が炸裂。
こんなに面白い桃太郎は聞いたことない。
ゲストの笑吉さんの大山詣りは、これぞ職人芸といった素晴らしい出来栄え。
自分はというと、自分のことはよく分からないんです。
でも、一度やりたかったネタ「弥次郎」のフルバージョンを
やりきることができて満足、満足!

ドッキリ5月

次回 第五回ドッキリチャンネルは6月21日 14時開演です。
豆蔵さんをゲストにお迎えします。
テーマは「死んでもらいます」
もう死んじゃうって笑い死にのことなのか?何なのか?
それはもう会が始まってみないとこちらも分からない!

第五回からは「千葉市」と「千葉市教育委員会」が後援となりました。

どうぞ、ご期待下さい。

スクリーンショット 2014-05-12 21.52.53

コメントする

カテゴリー: お知らせ

5/11(日)はドッキリチャンネル開催です。

みなさま、大型連休はいかがお過ごしでしたか?
ご旅行、里帰りのお疲れがまだ残っていらっしゃるのでは?

今度の日曜は落語ドッキリチャンネルでそのお疲れを
笑いで癒していただければと思います。
今回私のネタは「弥次郎」です。
普段は15分くらいの尺で演じますが
今回25分以上になるフルバージョンに挑戦です。
台詞数多いネタで、老齢化した脳みその記憶容量には
負担大で覚えきれるか?ちょいと心配ですが・・・。
ただいま最後の調整に日々励んでおるところであります。
他の落語仲間達もネタ仕込みに余念無く着々と準備中であります。
ご期待下さい。

今回の開演時間は16時15分になっておりますので
お間違えのないようお気を付けてお越し下さいませ。

スクリーンショット 2014-04-21 16.47.56

コメントする

カテゴリー: お知らせ

明日から古民家改修に取りかかるんだぞ

さぁ、明日から地主さん宅の改修工事に着手であります。
母屋の修繕、蔵の改修、竈を作ったり、井戸を掘ったりなどなど

明治時代に建てられました建築物に手を入れるといった
ワクワクするような普請仕事に取りかかることになり候
先の読めない仕事、壊してみないとどうなるか分からない仕事、
簡単に言うとそういう代物なのであります。
これがワクワクなのでありますから、私は変人なのかも?

来春までに及ぶ長丁場の普請仕事なので中だるみしないよう
気合い入れてとりかかる所存でございます。

DSCF0475

2件のコメント

カテゴリー: ちょっと一言

今年稲作、襟を正して向かい合う所存でございます。

今日、稲の苗床の調整を終えました。

昨年は仕事忙しく苗床の調整できずに
悲惨な苗となってしまいその反省から(×_×)
今年は早々床の作業を行うことにしましてね(^○^)

あとはスクスクと育ってくれるのを待って・・・。
6月中旬の田植えに備えます。

毎年、いろんな反省があり、都度改めております。

苗床半作と申しまして、半年間の稲作ですが
苗床の約二ヶ月は稲の生長の半分を左右するのであります。
今年は反省無きよう稲栽培に手を貸して参りたいと思います。

コメントする

カテゴリー: ちょっと一言